教育目標


真理と正義を愛するとともに、
        社会に積極的に貢献しようとする
          個性豊かで、心身ともに健全な人格の形成を目指す。


このため、次の四項目を努力目標として実践する。

1.温かみのある人間性の育成

2.意欲的な自主学習の徹底

3.幅広い教養と創造性の涵養

4.体力の向上と健康の増進


本校の特色

穏やかで、落ち着いた校風

授業は静かに、時には笑い声が聞こえてくるほど楽しい雰囲気で行われています。 先生方は親切で、生徒の相談には丁寧に応じてくれます。生徒と先生との信頼関係は厚く、充実した高校生活が送れます。


進路希望の実現のため、46分7限授業の実施

学校五日制、選択科目の拡大など、時代やニーズに対応した、 より一層特色ある学校づくりを目指し、全国的にも珍しい46分7限授業を行っています。

このように授業時間数を増やすことで、きめ細かい指導をし、 学力の維持向上を図り、進路希望の実現を目指しています。


学業と部活動の両立という伝統

部活動は活発で、ほとんどの生徒が何らかの部活動に参加し, 授業後は毎日、運動場、体育館などが生徒であふれています。

学業と部活動を両立させていくという伝統があり、 多くの生徒が部活動に参加しつつ、大学入試にも好成績を残してくれています。


学科の特色


普通科
学ぶ力を、生きる力に  -個を大切にした学習指導-

次代を担う若者として望ましい、自ら学ぶ力と生きる力を持った、バランスの取れた人格の育成を目指しています。 1日7限、週35コマ授業など、きめ細かな学習指導をする一方、 自らが学びとる習慣が身につくように自主学習の徹底と学習習慣の確立をはかっています。


充実した進路指導

進路指導のいっそうの充実をはかって、進路指導室、進路相談室の整備、生徒用進路資料の充実化などを行い、 生徒一人一人の多様なニーズにきめ細やかにこたえられるよう努めています。


2年からの文理選択

1年生では基礎固めを重視しています。その上で、それぞれの進路目標の実現に向けて、 2年生より文系・理系の2類型に分かれます。文系では国語・社会・英語の時間を多くとり、 理系では数学・理科に重点を置いています。普通科では、ほぼ全員が大学進学を希望していますので、 文系・理系とも大学入試に対応できる実力の養成に力を入れています。


進路希望の実現のため、46分7限授業の実施

学校五日制、選択科目の拡大など、時代やニーズに対応した、 より一層特色ある学校づくりを目指し、全国的にも珍しい46分7限授業を行っています。


ファッション文化科

桜台高校では、普通科とファッション文化科が、 学校行事や部活動などで、お互いに尊重し合い、一緒になって頑張っています。 ファッション文化科の情報はこのHP上Topメニューの「ファッション文化科」よりご覧ください。