名古屋市立 桜小学校   
 

 


  

 第1条(名称)  
  この会は,名古屋市立桜小学校PTAと称し,事務所を同校に置
 く。
 第2条(目的)  
  この会は,保護者と職員が密接な連携を図ると共に,進んで民
 主教育の振興に寄与することを目的とする。
 第3条(事業) 
  この会は,前条の日的を達成するために次の事業を行う。
  1 学校と家庭と社会との提携連絡を図る。
  2 児童および会員の教養・研究・厚生に関すること。
  3 学校施設および設備の整備・充実に関すること。
  4 同一の日的を持つ他の団体との連携協力に関すること。
  5 その他,この会の目的を達成するのに必要なこと。
 第4条(組織) 
  この会は,保護者と教師をもって組織する。
 第5条(役員等の種類)  
  この会に,次の役員を置く。
  〇会長1名
  〇副会長3名(うち1名は女性で母親代表を兼ねる)
  〇書記2名(うち1名は教師をあてる) 
  〇会計2名(うち1名は教師をあてる) 
  〇会計監査2名 
  〇常任委員 
  〇委員
 第6条(役員等の選出)  
  役員は,会員のうちから次の方法で選出する。
  1 会長・副会長・会計監査は,常任委員会において保護者か
   ら選び総会において承認を求める。

  
2 書記・会計は,会長が委嘱する。
  3 委員は,保護者から各学級および各地区ごとに2名を選出
   する。
  4 常任委員は,学級委員の中から7名,地区委員の中から6
   名を選出する。
 第7条(役員等の職務)  
  役員の職務は次の通りとする。
  1 会長は,この会を代表し,会務を総理する。
   2 副会長は,会長を補佐し,会長事故のあるときはその職務
   を代理する。
  3 会計は経理を扱う。
  4 書記は,庶務一般にあたる。
  5 会計監査は,経理を監査する。
  6 委員は,委員会を構成し,会長・副会長・書記・会計と共にこ
   の会の運営について審議する。
  7 常任委員は,会長・副会長・書記・会計と共に常任委員会を
   構成し,会の常務ならびに事業を処理する。また,緊急事項
   については委員会を代行し,事後その承認を求める。
 第8条(役員等の任期)
  1 役員及び委員の任期は1年とし,次の役員及び委員の選出
   までとする。ただし再選 を妨げない。
  2 補欠により就任した役員及び委員の任期は,前任者の残任
   期間とする。
 第9条(顧問) 
  この会に顧問を置くことができる。顧問は,総会の承認を経て会
 長が委嘱 し,会長の諮問に応ずる。
 第10条(機関) 
  1 会議は,総会・常任委員会・委員会・学年会及び学級会とし
   必要に応じ,特別委員会を設けることができる。

  2 会長は特定の問題を審議するため,専門委員会を設ける。
 第11条(総会) 
  1 総会は,毎年1回開催し,会長・副会長・会計監査の承認及
   び予算・決算の審議ならびに議決その他必要なる事項を議決
   する。

  2 会長は必要に応じて臨時総会を開催することができる。ま
   た,会員の過半数の要求があれば, 臨時総会を開くことが
   できる。

  3 総会は,会員の過半数の出席によって成立する。ただし,
   書面をもって票決を提出したものは出席者とみなす。
 第12条(表決) 
  会議の議決は,出席者の過半数の同意を必要とする。
 第13条(経理) 
  この会の運営費は,会費・寄付金・その他の収入をもってあて
 る。
 第14条(会費の徴収)  
  会費は,会員の在校生1人につき,会費を納入する。
 第15条(会計年度)   
  この会計年度は,毎年4月1日から始まり翌年3月31日に終わ
 る。
 第16条(会則の改正)   
  この会則の改正は,総会において出席者の過半数の同意を必
 要とする。
 付 則 
  (1)この会則は,昭和61年4月25日より実施する。
       平成5年4月30日 6年4月22日一部改正
       平成8年4月23日一部改正
 

戻る