本文へスキップ

TEL.052-774-4125

〒465-0024 名古屋市名東区本郷一丁目237番地
mail:hongo-e@nagoya-c.ed.jp

news学校紹介

現状

校 長 : 鵜飼 克博
学級数 : 15 (うち特別支援学級2)
児童数 : 355人 (R3.4.7現在)

アクセス

地下鉄または、市バス「本郷」下車 北へ徒歩8分 本郷公園東

教育目標

 『光輝』の校訓のもとに、これまでの歴史の中で培われた校風・精神を継承するとともに、すべての教職員の英知・創造性を結集して下に掲げる教育目標の具現化を図る。保護者や地域との連携を深め、信頼される学校づくりを目指す。

 強 く :公正な判断力と自主的な活動を重んじ、実践力のある児童を育てる
正 し く:心身ともに健全で、たくましい児童を育てる
むつまじく:豊かな情操を養い、友達と協力できる児童を育てる

沿革

 昭和53年(1978年)4月に猪高小学校の分校が独立し、本郷小学校が誕生しました。一年生から六年生まで、12学級、403名の児童数でした。「新しい学校を建てたい」という本郷地区の人々のねがいがやっとかなえられたのです。
 この年の秋には開校記念式が行われました。式には、たくさんの人々を招いて、新しい学校が誕生したことを心からお祝いしました。そして「希望を胸に、未来をめざす」本郷小学校の校歌が子どもたちの元気な声にのって式場いっぱいにひびきわたったのです。

校章の由来

 土地区画整理前は、雑木におおわれた丘がつらなり、その丘の間に田が点在したのどかな農村地帯であった。
 雑木の緑の中に、うすむらさき色の花をつけた藤が目を楽しませてくれ、このあたり一帯を“藤森郷”といい,学校周辺を“本の郷”・“本郷”と呼んでいた。
 このような地域の環境と地下鉄の駅名”本郷”にちなんで校名が決まり、本郷をのぼり藤であたたかく抱ようした校章ができあがった。
 のぼり藤が円になっているのは、本校の教育目標である、正しさ・強さ・むつまじさを象徴している。