本文へスキップ

TEL.052-774-4125

〒465-0024 名古屋市名東区本郷一丁目237番地
mail:hongo-e@nagoya-c.ed.jp

news日頃の様子


 2022年7月、2年生が、生活科と国語の学習で、生き物のクイズの発表会を行いました。
 明徳緑地公園で捕まえたザリガニをはじめ、ダンゴムシ、カマキリ、チョウ、オタマジャクシなど、様々な生き物に興味をもち、観察したり、調べたりすることができました。
 クイズが終わった後、「もっと調べたかったな。」「他の生き物についても調べてみたいな。」などの感想をもつことができました。

 6月上旬、3年生がノリタケの森に工場見学に行きました。
ノリタケの森のお皿「ボーンチャイナ」がどのように作られているのかを見学しました。子どもたちは工場見学の中で、「お皿って粘土からできているんだ」「きれいにお皿を作るために、いっぱい工夫がされているんだね」という感想をもちました。

 5年生は、6月下旬に家庭科の学習で調理実習を行い、「ゆで野菜サラダ」を作りました。ガスコンロや包丁の使い方、野菜によるゆで方の違いに気を配りながら、楽しみながらも真剣に実習に取り組む姿が見られました。
 仕上げに手作りのフレンチソースをかけて試食しました。自分で作ったサラダということで、よりおいしく食べている様子でした。

 2022年6月30日、すぎのこ学級ではメダカを教室で飼っています。6月中旬、卵を産んだのでシャーレにとって観察しました。今は、たくさんの赤ちゃんメダカが大きな水槽に帰る準備をしています。2ミリほどの小さなメダカが素早く動く様子にみんな釘付けです。他のクラスの子どもたちも、「見せてー」とのぞきに来ます。小さな生き物を囲んで話が弾みます。

 2022年6月22日、全校児童が防犯について学習しました。外出時に、どこに危険があるのか、不審者からどうやって身を守るのかなど、動画を見て学習しました。名東警察署の方の話も聞いて、防犯への意識を更に高めることができました。

 スポーツフェスティバルが無事に終わりました。3.4年生は、どの競技にも全力で参加できました。
 「短距離走」では、どの子どもも真剣に走る姿が見られました。「綱引き」では、力いっぱい綱を引っ張る姿がとても印象的でした。赤、白それぞれチームの仲間と力を合わせて、一生懸命本番に臨むことができました。多くの応援をいただき、ありがとうございました。

 スポーツフェスティバルの日が近づいてきました。どの学年も練習に熱が入っています。
 3、4年生が一緒に行う競争遊戯は、「綱引き」です。赤、白それぞれABCの3チームに分かれて対戦します。どのチームと対戦するかは、当日くじで決めます。子どもたちは、チームの仲間と力を合わせて、一生懸命練習に取り組んでいます。応援、よろしくお願いします。

 2022年5月2日、2年生が「1年生をかんげいする会」を開きました。自分たちで考えて、言葉を言ったり、クイズやゲームをしたりして、喜ぶ1年生の姿を見て、満足した笑顔を見せていました。自分たちで考えて、会を進行する楽しさと難しさを実感したようです。

 1年生が入学して約一か月。学校生活にも少しずつ慣れてきました。チャイムの合図で学習の準備をしたり、放課は運動場や教室で好きなことをして過ごしたり、生活のリズムができてきました。
 自分たちで、できるようになったことも増えてきました。給食当番や掃除当番などの仕事にも慣れてきて、協力して取り組んでいます。

 2022年4月25日、前期児童会役員の認証式がありました。学級や委員会で選ばれた児童が全校児童の前で校長より認証状を堂々と受け取る姿に頼もしさを感じました。児童会長より、「楽しい学校にしたい」という宣言があり、多くの児童が児童会への期待を高めたようです。

 2022年4月6日、新1年生が本郷小に入学しました。入学式では、姿勢よく校長先生の話を聞くことができ、学校での生活をがんばろうという意欲が感じられました。教室で担任の先生の自己紹介を聞いたり、校内を探検したり、短い時間でしたが楽しく過ごせたようです。

 2022年1月14日、6年生が座禅体験をしました。手や足の所作を教えてもらい、じっと座禅を組んでいました。子どもたちは、目をつぶって何も考えないようにしようとしましたが、「何も考えないとは、どういうことだろう。」と考えていたようです。

 2021年11月下旬、12月に行うアートフェスティバルの共同作品を作りました。年齢の違う3学年でつくられたトリオグループに分かれて制作活動をしました。5・6年生が下級生にやさしい言葉を掛けて、上手に導いている様子が見られました。アートフェスティバルの会場に目立つように飾られているので、是非ご覧ください。

 2021年11月18日、5年生が野外教育として中津川に行きました。飯ごう炊さんでは、薪をくべて火の管理をしっかりすることでおいしいご飯を炊くことができました。木の棒を使って火起こし体験をしたり、美しく紅葉した森の中を散策したりして、自然を満喫することができました。学校に戻ってからは、キャンドルファイヤーや夜の学校探検を通して、仲間と活動することの喜びを感じているようでした。

 2021年11月上旬、明徳公園へ遠足へ行きました。ウォークラリーで公園の中を散策し、葉や木にはいろいろな形があることに気付くことで、自然の多様性を感じることができました。子どもたちは、「弁当に自分の好きな物が入っている」と喜んだり、持ってきたおやつを近くの友達と見せ合ったりして、遠足を楽しんでいました。

 2021年10月20〜21日、6年生が修学旅行に行きました。感染対策をしながらの制限がある旅行でしたが、子どもたちはマナーを守って楽しんでいました。想像以上に大きな大仏に圧倒されたり、宿で友達とゆっくり話したりと思い出に残る旅行になったようです。

 2021年10月6日、6年生が火縄銃体験をしました。博物館の方からの説明を聞いた後、実際に手に持ってみました。思ったよりも長くて重いことに驚きの声を上げていました。精製された金具に触れて作っている様子を想像したり、銃を構えて武将になりきる児童もいました。

 2021年10月、3年生の算数科の重さの学習で1sの量感を身に付ける活動をしました。1sと予想した量の砂を袋に入れてはかりに乗せました。一度で1sになる子どももいれば、何度かやり直してちょうど1sになる子どももいました。学習を通して、みんなが1sの重さを体感することができました。

 2021年9月、全児童にタブレットが行き渡りました。使い始めのころは、タッチパネルの操作に戸惑っていましたが、あっという間に使いなれていきました。キュビナを使って練習問題に取り組んだり、ロイロノートで友達と意見交換をしたりするなど、タブレットで楽しく学習に取り組む様子が見られました。

 2021年7月16日、6年生が社会科の学習で「縄文ハンバーグ」を作りました。家庭科の調理実習の成果を生かし、とまどうことなく調理をすることができました。できあがった縄文ハンバーグを食べてみると、現代よりも簡素な味付けに戸惑っていました。「縄文時代はこれがご馳走になるなんて大変だ。」と、今の生活との違いを感じたようです。

 2021年7月9日、5年生が家庭科の調理実習で「ゆで野菜サラダ」を作りました。時間を測って卵をゆでたり、ごま油でドレッシングを作ったりと一つ一つの調理を丁寧にすすめ、彩りがきれいなサラダができあがりました。サラダがおいしくできたことで、もっとやってみたいという意欲が高まったようです。

 2021年7月9日、1年生が生活科の学習でしゃぼん玉を作りました。ストローや段ボールなどいろいろな道具を使うことで、しゃぼん玉が大きくできたり、小さくたくさんできたりと、変化を感じることができました。

 2021年6月30日、全校で交通指導感謝の会をしました。日頃の登下校の安全を見守って下さっている地域の方や交通指導員の方をお招きし、お礼の言葉とプレゼントを贈呈しました。交通指導員さんから安全に過ごすための注意点を伺ったり、子どもたちが道路を通行するときに気を付けたいことを宣言したりしました。

 2021年6月8日、2年生が公園に生き物と植物の観察に行きました。生き物がいそうな場所の見当をつけ、落ち葉を裏返してダンゴムシを見つけたり、花にとまる蝶を見たりと、いろいろな生き物を見つけることができました。オオバコですもうをしたり、花を摘んだりと植物も進んで調べようとする子どももいました。

 2021年5月、5年生が社会科の学習で、砂場で日本の模型を作りました。砂を盛って山や山脈を作っていくと、国土が山がちで、平地が少ないことに気付くことができました。

 2021年5月22日、全学年でスポーツフェスティバルを楽しみました。全学年が一緒に活動することはできませんでしたが、限られた競技に力一杯取り組む真剣な姿が見られました。子どもたちの感想からは、仲間と励まし合って協力し、互いの頑張りを認め合ったことが読み取れました。

 2021年4月30日、1年生が学校探検をしました。2年生が、1年生を連れて校内を案内し、職員室や理科室などがどんな使われ方をするのかを説明していました。1年生は、行ったことがない教室に入ることができ喜んでいました。2年生は、1年生を案内できたことがうれしかったようです。

 2021年4月下旬、6年生が調理実習をしました。慎重に包丁を使って野菜を切り、具材をフライパンに入れる順番に注意していろどり炒めを作ることができました。自分で作った料理を「おいしい」と言って、うれしそうに食べていました。後片づけも協力しながらすることができました。

 2021年4月20日、1年生が入学後、初めての給食を食べました。初めての活動に対して緊張しながらも、楽しみにしている様子でした。みんなで協力して、時間内に食べることができました。
 給食の準備の説明をしっかりと聞いて、黙々と配膳をする等自分の仕事を最後まで頑張ろうとする姿が見られました。

 2021年4月7日、登校してきた子どもたちは、自分が進級した学年の何組になったかが分かると、歓声をあげていました。多くの子どもたちが新しい自分のクラスへの期待を膨らませているようでした。
 転入してきた子どもと赴任してきた教職員を迎えて始業式をしました。校長から担任発表をすると子どもたちから驚きや喜びの声が聞こえました。多くの子どもたちが新しい学年でがんばろうと顔を輝かせていました。

 2021年3月19日、卒業式をしました。晴着を着て、凛として卒業証書を受け取る姿はとても立派でした。堂々として述べる門出の言葉には、充実した6年間を過ごした達成感が感じられるようでした。最後の学級会ではいつも通り教室から笑い声があふれ、感謝の言葉を口にしてさわやかに卒業していきました。
 卒業式で使った「旅立ちの日に」の合唱データのダウンロードはこちらからどうぞ。

 2021年3月16日、6年生を送る会をしました。各学年から卒業生への出し物を動画でプレゼントしました。一堂に会することはできませんでしたが、それぞれの出し物を楽しむことができました。6年生から5年生への児童会の引継ぎ式の後、6年生がお別れのあいさつに校舎を回りました。在校生は感謝の気持ちを込め思いっきり拍手をしていました。

 6年生が卒業プロジェクトとして他学年の掃除を手伝ったり、遊びを計画して楽しんだりといろいろな活動をしています。写真は、プロジェクトの一つ「6年生とドッジボールをしよう」です。休み時間に他学年を招待し、6年生と招待学年で真剣にドッジボールをしています。低学年の子が6年生のボールをキャッチしてとても喜んでいる様子や、6年生が優しくボールを投げる様子が見られました。6年生がより頼もしく感じられました。

 6年生を送る会の練習をしています。昨年度までは体育館で6年生への感謝の気持ちを込めて出し物を披露し、全児童が集まる最後の行事を楽しんでいました。今年は出し物の動画をプレゼントすることになりました。鍵盤ハーモニカの替わりに鈴を使ったり、体育館ではできない人文字に挑戦したみたりするなどいろいろな工夫で、6年生への思いを表そうとしています。

 2021年2月18日に雪が降りました。一時間目の終わりのチャイムがなると、子どもたちが雪が残っていそうな場所に向かって元気に走っていきました。雪を集めて雪だるまをつくったり、雪合戦をしたりして楽しんでいました。

 2021年2月9日・12日に児童大集会をしました。トリオグループで長縄を使った8の字跳びや、バスケのフリースローなどいろいろな種目に挑戦しました。低学年の子が高学年の子の動きを見て感嘆の声をあげる場面がありました。高学年の子が低学年の子を優しく待ってあげる様子が見らました。トリオグループでお互いを認め合うことができました。

 2021年2月2日、警察の方が見え、薬物乱用の危険性を6年生に説明しました。写真を使った説明を聞いて薬物が身体に与える影響を知り、被害の大きさに驚いていました。違法薬物や脱法薬物の摂取に誘われても断ることや、周りの人と相談するなど、どう対処すればよいのかを考えました。

 1月下旬、児童大集会の準備が始まりました。今年は屋内での密集を避け、外での活動になります。代表委員がみんなで楽しめる種目を考え、動画を使ってやり方を説明しました。その各種目を3学年でつくられたトリオグループで取り組みます。それぞれの種目をクリアできるようにトリオで練習をしています。

 2021年1月19日、1年生が生活科の「ふゆとあそぼう」の学習で、凧あげをしました。手伝いの6年生が凧を広げて持ち、凧糸を持った1年生が勢いよく走ると、手を離れた凧が青空に上がりました。元気よく上がった凧を見て、みんなが喜んでいました。

 2021年1月13日、掃除の時間に地震が発生という想定で避難訓練をしました。揺れている間は頭を守り、放送の指示ですばやく避難することができました。

 2021年1月5日、子どもたちが元気に登校してきました。
校内では、休み時間のたびに手を石鹸で洗っています。寒い中、手を洗うのは大変なこともありますが、全児童・全職員がしっかりと取り組んでいます。

更新情報

2022.7.28 日頃の様子を更新
2022.7.19 「学年だより」に夏休み号を掲載
2022.7.15 日頃の様子を更新