神沢中学校の概要

1  本校の概要
   本校は,名古屋市南東部の丘陵地に位置し,学校周辺は美しい自然環境にめぐまれている。黒石小
 桃山小 ・戸笠小学校の3学区から成り立ち,本年で創立40年目を迎える。多くの保護者は教育熱心で,
 生徒は学習に対する意欲は高く,生徒会活動も活発である。 
   ここ数年間,朝の10分間に学級担任が教室で読書指導を行って,全校体制で読書活動の推進を進
 めている。また,本校の伝統になっている合唱を,卒業式 ・入学式等の学校行事に取り入れている。学
 年学校行事の多くに実践的体験的な活動を企画して,生徒は努力することや人と人と関わることの大切
 さを学んでいる。そして,夢や希望がもてて,教育活動に意欲的に取り組めるよう,誠実で温かみが感じ
 られる信頼感のもてる神沢中教育を積み上げている。
  保護者からよき理解を得るために,学校公開日を設定し,授業や放課等の生徒の学校生活の参観を
 計画している。また,学年通信,保護者会,PTA総会,家庭訪問の機会を生かして,地域や家庭との連
 携を深める機会を大切にしている。 教職員においては,学校内外の教育活動評価に取り組み,教育改
 善に結びつくように努めている。
   校訓は,「汗と愛」である。 
平成30年度から努力点を「伝え愛・気づき愛」として、相手を思いやり、感謝に気持ちを忘れない生徒の育成を
めざし、「あいさつ・感謝・思いやり」合言葉に、生徒と心を触れ合わせることを大切にしている。 

2  本年度の生徒数・ 学級数
   
31年度 1年 2年 3年 10組 11組 
生徒数   513 158 182 166  4 
学級数   17  5 5  5  1   1


3  学校の歴史
   
   昭和50年4月 名古屋市立鳴子台中学校分校として開設。生徒数232名。
   昭和51年4月1日 449名の生徒で「神沢中学校」として独立。
   昭和54年1月8日に校訓「汗と愛」を設立。 昭和56年3月24日に校訓碑設置。
   昭和54年5月2日校歌発表。
   昭和60年10月に10周年記念式典,平成7年11月に20周年記念式典を挙行。
   平成17年11月16日に創立30周年記念式典を挙行。 
   平成27年11月27日に創立40周年記念式典を挙行。                   

4  PTAの概要
   昭和51年7月5日PTA設立。PTAの組織は,発足以来ほとんど変更していない。現在の
 会長は第15代目にあたる。
 (1) 戸笠,黒石,桃山の各学区が連携してPTA活動を展開している。
 (2) 教員主導型のPTA活動ではなく,運営,教養,広報,地域の各部門に分かれて,「自立した
   PTA活動」を目指し展開している。
 (3) 子どもたちを取り巻く環境や各地域の情報については,役員・ 委員を中心にしてネットワーク
   が築かれつつあり,学校への情報提供をもとに,地域に開かれた学校との関係を目指している。

5  学区との協力
 (1) 生徒の育成に向けた情報収集・ 情報交換は,敏速な対応を心がけている。そして,問題行動
   の予防,あるいは,問題行動の早期発見,早期指導を図っている。これは,学区民の協力による
   ところが大きい。
 (2) 生徒指導連絡協議会,いじめ対策会議,地域との連絡協議会を開催して,情報を交換し,生徒
   育成への効果を高めている。   

表彰状