歴 史
 名古屋市立第三幼稚園は1915年(大正4年)に創立され、2015年(平成27年)には創立100周年を迎えました。創立当時は中区伏見町一丁目(現在の中区丸の内一丁目付近)にあり、名古屋城の金シャチが間近に見えたそうです。
 ところが1945年(昭和20年)の空襲によって全焼してしまいました。終戦後近隣の小学校の一隅で保育が再開されたのですが、子どもたちのためにぜひ幼稚園を復興させようという熱意のもとに、当時の第6代園長である浅野寿美子先生とともに保護者や地域社会の皆様のご協力により、1950年(昭和25年)には現在の場所で園舎竣工の運びとなりました。その創立当時からの幼稚園に寄せる熱い思いが、脈々と今日まで引き継がれています。
1915年(大正4年) 創立時の正門 1922年(大正11年)
創立時の所在地は中区伏見町(現在の町名は中区丸の内)でした。
1923年(大正12年) 1924年(大正13年)
食事中の子どもたちです。
1942年(昭和17年) 戦時中 1942年(昭和17年) 戦時中
1950年(昭和25年6月) 第一期園舎竣工 1952年(昭和27年)
戦後現在の場所で復興した第三幼稚園です。 木製の遊具(滑り台)です。
1955年(昭和30年)頃
文部省(現 文部科学省)モデル幼稚園指定当時の全景模型
1962年(昭和37年) 当時の園舎 1962年(昭和37年)
建物自体は変わっていませんが道路が舗装されていますね。
1973年(昭和48年) 当時の園舎 1972年(昭和47年) 運動会
昭和42年の増改築工事で職員室が2階建てになりました。
2009年(平成21年) 現在の園舎 2009年(平成21年)
1986年(昭和61年)に木造だった遊戯室と園舎の建替え工事が行われ、正門の位置が南へ移動しました。
着工が決定した前年の昭和60年9月には旧園舎を懐かしみ、園関係者を招待して「偲び祝賀会」が行われました。


Copyright (C) 2009 NAGOYA City Daisan Kindergarten. All rights reserved.